弁護士との関わり

交通事故などの場合、多くの場合には加害者と被害者に分かれる事が多いものです。しかし、双方が被害者という争いに発展する事も、少なからずあります。これは、過失の度合いによって定められますので、交通事故の場合には双方の保険会社が、事故調査を独自に行います。

しかし、双方とも利益を目的とする会社ですので、保険金などの額を普通に支払う事が無いのが一般的です。会社の威光がある為に、保険金の支出を減らすために、双方の保険会社は被害者に対して、ほとんどの場合は誠意が込められていない事も多いのです。

保険会社はほとんどの場合、弁護士会社と提携をしており、ある程度法律にも詳しいのですが、会社の威光で働いているために制限があり、保険会社任せでは被害者の意見通り好意的に、動いてくれないのが現実なのです。しかし、個人で弁護士を依頼する事で、その懸念も払われる事でしょう。

弁護士の強みは法律の専門家であり、保険会社とのしがらみもありませんので、被害者自身の身体的苦痛や精神的苦痛を、全て加味して裁判などの訴訟に応じてくれます。また慰謝料請求についても、被害者に対応した判例を探し出す事で、有利な示談へと導いてくれるのです。

弁護士と慰謝料請求

弁護士は、裁判所で法律に則った弁護を行ったり、慰謝料を請求する事ができます。慰謝料とは、依頼者の身体的苦痛や精神的通を伴った損害賠償の事を意味しており、基本的には依頼者が自由に、この慰謝料を請求できる事になります。しかし、実際には裁判所の判例に基づいて行われるもので、精神負担の額で相場が決まっているものと言えるでしょう。

また、依頼報酬はこの慰謝料の額によっても左右されますので、いくらでも請求は可能ですが、弁護士に対してその請求額に応じた支払いの義務が依頼者に生じます。その為、あまり法外な金額を提示してしまうと、自分の首を絞めるという事にもなりかねないので、慰謝料の額はあらかじめ相談した金額を請求する事になります。

弁護士は法律のプロフェッショナルで、法律にうとい依頼者に成り代わってすべての業務を引き受けてくれる仕事です。裁判を行うには膨大な資料を調べ上げて、いくつもの判例を検討しながら依頼者に対応してくれますので、安心してすべてを任せる事ができるでしょう。また得意分野というのもあり、弁護士によっては離婚訴訟が得意であったり、交通事故処理が得意であったりしますので、その得意分野の方に依頼なさると良いでしょう。